spft_krt05_2018_title

淑女の皆様ごきげんよう。ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!の管理人でございます。
今年で5回目となる【勝手にロマンス大賞】へのご参加、誠にありがとうございました。
ロマンスファンの方々と一緒に作った今回の投票結果はいかがだったでしょうか。
結果発表はこちらのページで行っておりますので是非ご覧ください。

★★投票結果発表ページはこちら★★


★1位~5位までの部門賞ページはこちら!
・ロマンス小説:歴史モノ(ヒストリカル)
・ロマンス小説:現代モノ(コンテンポラリ)
・ロマンス小説:異世界・人外モノ(パラノーマル)
・ロマンス小説:エロティックロマンス
・ライトノベル:乙女系ヒストリカル
・ライトノベル:大人系 
・ライトノベル:少女系 
・ライトノベル:ファンタジー 
・ライトノベル:エロティックノベル
・コミックス:ロマンスコミックス
・コミックス:ティーンズラブコミックス

★.受賞結果について


勝手にロマンス大賞は5年目ということもあってか、今までで一番投票数が多い年となりました。ロマンスを愛する皆様からのご支援やレーベル様のご協賛、誠にありがとうございました。
今年は投票前に有識者の方々と相談し、昨年とは投票方法を変更して、点数別に5位までを集計するようにしました。その結果、ジャンル別に多くの作品をじっくり選んで投票していただけるようになりました。
投票結果についてはご覧の通り、どれも読み応えがある個性的な作品に票があつまっています。特に1位については、どのジャンルもなのですが、ランクインした作品を引き離し圧倒的な票数を得た作品が多かったのが特徴でした。
この企画の結果が、ロマンスが好きな方々への読書の参考や指標となれば幸いです。


★.惜しくも受賞を逃した作品

残念ながら5位にはランクインできなかったものの、6位以下で上位にきていた作品、熱いコメントをいただいた作品をこちらにまとめてご紹介いたします。(※タイトル50音順、レーベル名省略)

―――――――――――――――――――――――――――

▼海外ロマンス小説部門

★ ヒストリカル部門 6位以下の作品 
→1位~5位はコチラ

51UCHntr9-L51iw6U-fzAL51i4JRSSUGL



▼投票者コメント

黒い髪の悪魔(ローズマリー・ロジャーズ)
ツッコミどころはあれど(途中でお父さん放置プレイとか)ロジャーズの小説はクセになります。

恋は宵闇にまぎれて(リンゼイ・サンズ)
大好きです。というか新ハイランドシリーズは全部面白い。ところどころクスっと笑える文章がちりばめられている所が大好きです。続編の翻訳楽しみにしてます!

※ロマンス小説ではないのすが、関連の参考本として。

『メイキング・オブ・アウトランダー』
完成度の高さに感嘆しています。制作現場の様子や作者&キャスト&スタッフの想い、原作をもとにドラマがどう作られていったか臨場感溢れる内容。ドラマの魅力をさらに引き立てる最高のガイドブックが、素敵な翻訳でとても読みやすくて私の宝物です。


★ コンテンポラリ部門 6位以下の作品 →1位~5位はコチラ 

51fKxW8hykL510I-F+a1QL51-hLZwcxbL

あの愛は幻でも(ブレンダ・ノヴァク)
砂漠の富豪の寵愛(タラ・バミー)

▼投票者コメント

血のペナルティ(カリン・スローター)
このウィル・トレントシリーズはなかなかのガチなサスペンスなので、そもそもロマンスのジャンルに入れたらダメなやつかもですが、「血のペナルティ」はこのシリーズ中最高にロマサスな一作でしたので投票せずにはいられませんでした。しかも5作目なので人間関係もかなり中途半端な感じですが、事情は何となく察して楽しむことができると思います。1番の推しは主人公のウィルです。長身の細マッチョで優秀な捜査官‥まではあるあるですが、気が優しくて物静かなせいか女性の上司、同僚、悪妻に振り回されながら生きています。でもウィルの人物像を知れば知るほどウィル沼に深く深〜く陥って行くのです。ロマンス度は低いですがお試しあれーと叫びたいです。


★ ロマンス小説 M/M部門(受賞作なし)

残念ながら今年は受賞作なしとなりましたが、こちらの2作品が候補としてあがっていました。どちらも名作です。
51AMkN1qhfL51h4ERFhJLL



▼ライトノベル部門

★乙女系ヒストリカル部門 6位以下の作品 →1位~5位はコチラ
61E69C2md-L61W+7f0+TLL61+qn6jLCpL





★大人系部門 6位以下の作品→1位~5位はコチラ

71r-snVgrLL61X3nfwhBiL51gk4t5P-6L



▼投票者コメント
TLでこんなに笑っていいのか。というほど笑わされました。最高です。でも、ヒロインの仕事に対する姿勢や真面目さ、視点の面白さや両者が引かれる点もしっかり書いてあって、そこも楽しかったし、恋愛的に素敵でした)

ほっこり甘らぶ銭湯、縁結びの湯(草野來)
この先生の作品は、すべて推しですが、去年の一番といわれると悩みましたが、コレ。スパダリ感は低いのですが、ふとした日常に入る、ちょっとした事件から恋愛へと丁寧に綴られ、人の心の機微も細かく、しっとりと官能描写もあり、全てに置いて完成度が高いとうならされてしまいました

ケモノな若頭は独占欲を隠さない(御厨翠)
TLでヤクザって初めてだった気がします。あまりみないのですが、新鮮でしたし、ヤクザ独特の考え方(暴力ではなくて仁義ですね)などが、恋愛にからんで来るあたりとか、ヒロインの幼い思いが大人へと変わる瞬間の鮮やかさが素敵でした

溺愛コンチェルト 御曹司は花嫁を束縛する(鳴海澪)
ヒロインの紳士で真面目さがイラストとよくあっていて、二人の違うタイプの天才兄弟がヒロインに惹かれるのもよくわかりました。無垢だけど強く誇り高い。雪の中に咲き続ける水仙のように綺麗なヒロインで、素敵でした。恋愛もドラマティックでした



★エロティックノベル部門 6位以下の作品→1位~5位はコチラ  

51gX0XzEmrL61MxDgwHK2L619BShRuB2L
 


アブノーマル・スイッチ~草食系同期のSな本性~ (かのこ)

投票があった作品のうち上位のものをこちらにまとめて掲載とさせていただきます。どの作品も素晴しいのでご一読を。(※タイトル50音順)

あまねく世界のたったひとり~True lover~ (蓮田いのり)
執愛コンフィチュール(栢野すばる)
不死人は暁天の夢を見るか(八谷響)
鈴のアンクレット(谷崎文音)



☆彡 ツイッター投票 ☆彡

こちらは自薦他薦どちらもオッケーで、作家さんも読者さんも素敵なロマンスをオススメしあいましょう♪という意図で使っていただきました。

”#勝手にロマンス大賞05” のツイートはこちら

――――――――――――――――――――――――――



以上になります。いかがでしたでしょうか。

ご協賛いただいたレーベル様、投票していただいた皆様。本当にありがとうございました。
今後もロマンスに邁進してまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



恋愛小説レビューサイト『ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!』はこちら
bnr