淑女の皆様ごきげんよう。日々ロマンスに邁進している紗羅でございます。
先日私が監修&編集担当させていただいた乙女系電子書籍をご紹介いたします。

陰謀渦巻く王宮で、愛に翻弄されるヒロインを描くエロティックロマンス!
『王宮の蜜愛~身代わり皇太子と絵姿の美姫~』アンジェラ文庫
 宇佐川ゆかり(著)/ あぎすけ (イラスト) 

oumitsu_表紙

ロマンスブックカフェにて配信開始!
後日~ Yahooブックストア、Amazonなど電子書籍販売サイトにて配信開始!


▼ストーリー
国同士が定めた政略結婚。しかし婚約の儀に現れたのは別人で……
「夫婦なら、なすべきことをしようというだけの話だ――」ヴィオレーヌは身を翻して逃げようとしたが、すぐにつかまり荒々しく唇を奪われた。いつもとは違う彼の様子に驚くも、身体は愛撫を求めて疼き……陰謀渦巻く王宮で、愛に翻弄されるヒロインを描くエロティックロマンス♪
ラロック王国の王女ヴィオレーヌは、国同士の取り決めにより、ファーレイン帝国の皇太子妃となるべく幼い頃から厳しい教育を受けた。心の支えになったのは、何年もの間文通してきた皇太子リュファスへの想いだけ。しかし待ちに待った婚約の儀で、ヴィオレーヌは言葉を失った。「リュファスは来ない。今日、あなたは俺と婚約する」そう告げた視線の鋭い男は、リュファスの代わりに皇太子となったユベールだった。
戸惑いながらも予定通り帝国に輿入れするヴィオレーヌに、ユベールは優しく微笑み愛を囁く。彼の情熱で身も心も蕩けていく日々。しかしある事件を境に彼の態度が豹変して……

 
▼読みどころ
宇佐川ゆかり先生の繊細でエロティックな作風とヒロインの心理描写が見事な作品でございます。
幼い頃一度あったきりで、肖像画を交換しながら文通して愛をはぐくんできた男性と結婚できると思っていたのに、突然別人が相手となってしまったかわいそうなヒロイン。
一見クールなんですけど、辛い気持ちを隠しつつ、国のためにと受け入れて異国へ嫁ぐ強い心の持ち主だったりしますし、一方相手となったヒーローは、彼のほうも意に沿わない結婚だったにも関わらず、とても優しくなにかと彼女を気にして大切に扱ってくれる素敵な男性。
皇太子としてのお仕事と全うしているからか、あまり饒舌なタイプではないのでございますが
こういう無口ヒーローが嫉妬で豹変するところとかは最高ですねえ。ええ最高です。最高ですよ!
手紙の相手とヒーローとの間で揺れるヒロインの心理や、ヒーローに徐々に心を開いていくところとかが丁寧に描かれておりまして、ティーンズラブとはいえ、しっとりした大人な雰囲気を味わうことができる作品でございます。
また、イラストはアンジェラ文庫でおなじみのあぎすけ先生。ヒロインの愛らしさやヒーローの優しさが滲み出る美しいイラストをありがとうございます。挿絵のモノクロイラストも美しいので、是非一度お手にとってご覧ください。


→宇佐川ゆかり先生のブログはこちら


※ロマンスブックカフェにて、タイトルが間違って登録されておりますが
 後日修正されますので、何卒ご了承ください。


この度は、作品を担当させていただき本当にありがとうございました。
先生方のロマンス活動のお手伝いができて、とても嬉しく思います。
ありがとうございました。

以上、新しく担当させていただいた作品についてのご紹介でした。

わたくしのお仕事にご興味がある方は、ツイッターやサイトなどでお気軽にお問い合わせください♪

→ツイッターはこちら
→お問い合わせはこちら
→恋愛小説レビューサイト『ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!』はこちら 

今後ともロマンスに邁進していきますので、よろしくお願い申し上げます!