淑女の皆様ごきげんよう。紗羅でございます。
ご要望があったので、つくってみました。恋愛小説プロットのサンプルというか設定。
ツイートしてみたら思った以上に反響があったのでこちらにも記載しておきます。
bab9f507.jpg

実際のプロットはもっと大雑把でも問題ないのですが
はじめて恋愛小説を書いてみようかなと挑戦される方は、この位細かいほうがよいかもです。
それぞれの項目は、がっつり書きたいだけ書いておいて問題なしです。
一番最後の章の部分で、それぞれの章のイベントを500~1000字程度でまとめておきます。

3万字の短編でも、10万字の長編でも、章ごとの文章量を事前に決めておきます。
で、その文章量で章を書き終えるようにすれば、時間換算ができるので
スケジュールの把握もしやすいです。

恋愛小説は、男女の細やかな感情が交差するものなので
二人のかけあいやホットなシーンだけではなく、それらをとりまく周囲の状況や
場面、色彩、五感、それらがドキドキするほど身近に感じるようにする必要がございまして、
そのためにこそそれぞれの場面での主人公たちの感情やイベントの設定が必要だったり。

逆に言うと、事前に設定さえしっかり作っておけば
あとは章ごとのあらすじなどをつくらずとも書いてしまうということも可能かと。
はじめとさいごだけ決めておいて、あとは主人公たちに任せるとか。
ただ、お仕事で長編小説を何本も書くのはプロットがないと厳しいとおもいますが
ちょっと書いてみたいなあ、と思われる方は、こういうのからはじめてみると面白いかもしれません。

と、偉そうに書いてみたものの……
私は小説も書いておりますが、小説家というよりどちらかというと編集のお仕事がメインでして。
作家先生方の作品のプロットの確認させていただくようなことが多くて
そういった視点もまじりつつのプロットサンプルだったりします。
ですので、普通に作品を書かれる方のプロットとは少し視点が異なるかもしれませんが
恋愛小説の作家を目指される方のお役に立てれば幸いでございます。

ではでは。素晴らしい作品に出会えますように。


→中谷紗羅のプロフィールはこちら