51zjGeB3DxL
真夜中の男 (扶桑社ロマンス)
リサ・マリー ライス

▼あらすじ
美貌のインテリア・デザイナー、スザンヌのもとに現われた警備会社社長のジョンは、危険な香りのする男だった。それもそれはず、彼は「ミッドナイト・マン」の異名をとる元海軍特殊部隊員。出会ったその日から、二人は強く魅かれあう。しかしスザンヌの周辺には、彼女の命を狙う謎の殺し屋たちの影が…。愛する女を守るため、すべてをなげうって立ち上がるジョン。そして、二人きりの逃避行がはじまった。めくるめく官能に彩られた、ノンストップ・ロマンティック・サスペンスの決定版


何で買ったかというと、新宿西口のブックファーストに立ち寄ったときにオススメみたいなかんじでシリーズでおいてあったんですわ。帯もなく、昔の作品みたいだけどふーんおもしろいのかなあ。とおもってなんのきなしに買ってみたんですがね。

おそるべし新宿ブックファーストのロマンス本担当者様。
だって「黒き戦士の恋人」シリーズの隣においてるんですもの。まあ、内容的に、吸血鬼か元軍人か、だけの差かもしれんのですが。
とにかくホットでエロティックで切羽詰ってて、最高でした。

これはかなりエロいホットな作品でございます。
ていうか、半分以上がぐんずほぐれつ愛の語らいや独り言シーン。。とかけばちょっとアレですが、お互いの心情やらなにやらが隠すことなくさらけ出されてるので、読み物としておもろいです。
一目ぼれした相手が好きすぎて、レンガを握りつぶしてしまうほど思いつめるヒーロー。
レンガ社長と呼ばれていると知り、大笑いしました。
セキュリティ会社の社長は、こういうロマンティック・サスペンスのヒーローのテンプレなのですね。


2作目。
41fPIiNhoPL真夜中の誘惑(扶桑社ロマンス)

▼あらすじ

ミッドナイトシリーズ 第二弾

プリンセスのようだ…。刑事のバドは、場末のダンスクラブで出会ったクレアのあどけない美貌に眼を奪われる。一方、クレアもまた、彼の力強い男らしさに強く惹かれる。その夜、激しい情熱につき動かされて愛を交わす二人。しかしバドは知らなかった。彼女が大富豪の令嬢であることを。そしてクレアも知らなかった。彼がかつて命がけで自分を守ってくれたことを。やがて迫る暗殺者の脅威。試練にさらされる二人の愛のゆくえとは。『真夜中の男』に続く、官能のロマンティック・サスペンス第二弾。


こちら、1作目に登場した社長の友人。ヒロインの友人でもありますが、刑事さんがヒーローです。
お嬢様と刑事さんですが、刑事さんの切羽詰った感じがもう最高です。是非つづけて読んでいただきたい。


3作目。
41jppyY7hwL真夜中の天使(扶桑社ロマンス)

▼あらすじ
特殊部隊の鬼教官として、殊更にこわもてのイメージを保ってきたコワルスキ。音楽を愛する心優しい内面など理解されなくても構わなかった。だが警備会社の経営者となると、一般人との関わりに悩まねばならない。そんな彼の前に天使が舞い降りた。コワルスキの真実の姿を心の目で見てくれる盲目の歌姫アレグラは、神様からのご褒美としか思えなかった。しかし、アレグラの光を奪った事件が、再び彼女を苦しめ始める。『真夜中の男』『真夜中の誘惑』に続く、官能のロマンティック・サスペンス第三弾。



ごっつい外見の元軍人に恋した盲目の女性。
天使の歌声をもつヒロインと、優しい心のヒーローの最高にホットなロマンス。泣ける。いろいろ泣ける。
時系列は前作2つと繋がっているので、一緒に読むともっと美味しい。




歴史ロマンスとか、堅めでエロホットではない重厚な作品もあればこの作品みたいにほとんどがベットシーンみたいなものもあり。
男女のあれやこれやら心情やらぐんずほぐれつやらが絡むものは全部ロマンス小説って範疇なんでございましょうか。
ロマンスはロマンスでも官能小説に近いのかもなあと。
こういうのはエロティック・ロマンスというジャンルらしいです。

それぞれストーリーは、元海軍特殊部隊エリートやら現役刑事やら、かなり男性フェロモンプンプン(雄臭、とでも言おうか)甚だしい絶倫男たち3人が、仲良し女友達3人とそれぞれが別々の形で恋に落ちるが、女子が何かしら本人も知らぬまま大トラブルに巻き込まれており、男子たちが体と命をはって彼女たちを守る。守り抜くっ!

というお話でございます。
それぞれスピード感があってスルリとサスペンスな感じではありますが。
男子たち個性的で、おもしろい。男子たち、ぞっこんなんすよ。彼女に。もう一目惚れ。
皆、彼女とヤらなきゃ死んじまう。くらい思い詰めてる。
そんな男子にびっくりしながらも、女子も彼氏にメロメロです。
いろんな意味で、男子の切羽詰った感がおもろいんで、読んでみるとよいですよ。

こういうリーダー的な存在のことを、アルファ・メイルというらしいです。
ロマンス小説では大人気なタイプ。

現実にいると、独善的でウザくて自由が利かず女子を認めず力で人を押さえる。みたいなイヤな奴にもなるんだけども、そこは小説ですから。フィクションですから。
傲慢、強引だけども、どんなときにも彼女を愛し守る。強く優しいヒーロー。
そしてエロティック。
女性の夢をかなえる最高にホットなヒーローなわけです。

まずは本作シリーズをお読みいただき、ロマンスの真髄に触れていただきたい。
そんな良作です。是非♪


恋愛小説レビューサイト『ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!』はこちら
bnr