淑女の皆様ごきげんよう。ロマンスヒルズの管理人です。
ついに登場!クリスティン・アシュリーの最新作!です!説明は要りませんね!

513oPmrQ2-L

▼あらすじ
世間の評価10点満点男×自己採点2.5の女=? 
〈 第四回勝手にロマンス大賞 〉コンテンポラリ部門大賞受賞 
『 恋の予感に身を焦がして 』に続く〈 ドリームマン 〉シリーズ第二弾! 

「 アルファメール女王 」による最強のジェット・コースター・ロマンス! 
マーラ・ハノーヴァーは、世の中の人間というのは〈 10~7 〉と〈 6~4 〉と〈 3~1 〉の三段階に評価が分かれていて、同じグループのなかで恋人になるのが普通だ──と考え、自分は〈2.5〉だと思っている。 
いっぽう、彼女が四年前から片思いしているミッチ・ローソン刑事は〈 10.5 〉で、いっしょにいる女性も見るからに〈10~7〉ばかり。 
〈 2.5 〉のマーラは通路で挨拶するのが精一杯だった。ある日、彼女の従兄の二人の子どもの家出をきっかけに、距離は近づいていくが…… 
絶大な人気を誇るベストセラー作家による〈 ドリームマン 〉シリーズ、その中でも最高傑作の呼び声高い第二弾! 
原題:Law Man 


▼一行解説

ロマンス小説界の溺愛ヒーロー!ここに現る!!!

ありがたいことに、あらすじに入れていただいたのですが、本作は
〈 第四回勝手にロマンス大賞 〉コンテンポラリ部門大賞受賞 の『 恋の予感に身を焦がして 』に続く〈 ドリームマン 〉シリーズ第二弾! 

でございます。でも、1作目、そういえばレビュー書いてなかったな…
1作目を読んだときの衝撃があまりにも強く、ツイッターで呟いたの晒しておきます。



 まあ、そんなかんじです。で、そんなこんなの2作目。どんなお話かと申しますと。
1作目のようなジェットコースターブイブイ系の話ではなく、

むちゃくちゃロマンスでした。あと、溺愛。

ヒロインのマーラさんは、とても自己評価が低くて、自分が落ちこぼれだと思ってるけど
そんな彼女をずっとずっとずっと好きでいつか彼女とお付き合いしたいと思い続けていたのが
ヒーローのミッチ。 刑事さんですが、マーラへの愛はもう執念というかストーカーというか。
最高ですね。

まさか、海外ロマンス小説でこんなにもパワフルな溺愛ヒーローに出会えるなんて思ってもみませんでした。
ミッチ、完璧です。完璧すぎるよ……いいやつだよあんた…

こういっちゃアレですが、ストーリー的には1作目読まなくても全く問題ないお話です。

ただ、1作目を読んでおくと、ただの脇役だったはずの刑事のミッチが光っていた理由。
あのハレンチな1作目で、彼がどれほど素晴らしく唯一まともな人間だったか
が分かりますし、後半に出てくる登場人物たちとの関係とかもわかるので、その点ではおいしいです。

一応サスペンス的な要素もありつつも、
次どんな展開になるのか全く予測がつかないところは前作と同じで
読んだらどっと疲れるかもしれませんが、そんなことを感じさせないほど
ミッチが甘く甘く溺愛してくれるので、こまけぇことはいいんだよ!ってなります。

基本的に本作は、ヒロイン視点のみのお話で、ヒーロー視点がかなり少ないです。
だからこそ読みやすいしヒロインに感情移入しやすいのかも。


はーー。

尊い。

完璧なヒーローに骨の髄まで甘く愛されたい。
何でも受け入れてくれる最高のヒーロに会いたい!
そんな淑女の夢をかなえてくれる素敵な作品。オススメです!


恋愛小説レビューサイト『ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!』はこちら
bnr