淑女の皆様ごきげんよう。ロマンスヒルズの管理人です。
今回は、とてもエロティックなティーンズラブ小説をご紹介。なんというか、まさかの展開にびっくりした作品です。
61oeybivk5L
略奪愛 ~囚われ姫の千一夜~ (ハニー文庫)


▼あらすじ
炎のように熱い恋を―― 
対極の二人に愛される濃厚エロス&ラブ

今のお前の姿を見て、恋人はどう思うだろうな――恋人・ギルフォード卿との逢瀬の帰り、王女アマリアは反乱軍に拉致される。 
人質となったアマリアは、反乱軍の指導者・リドワーンに純潔を散らされてしまう。連日、荒々しくアマリアを抱いてくるリドワーン。 
そんな彼とある事件をきっかけに惹かれ合うようになるも、ギルフォードに救出されたアマリアは後悔と嫉妬に苦しむ彼に熱い楔を打ち込まれて…。 






▼一行解説

愛する婚約者と反乱軍のリーダー。さあ姫様。あなたはどちらをとるか。

表紙のイラストから、てっきり複数モノかと思いましたです。
複数の男性から同時に愛されるという展開はけっこう人気がありますので、そういうお話かと。

でも、全然違いました……全然違うんです。過酷なんです。すごく。

愛する婚約者がいるにも関わらず、反乱軍にさらわれた王女様。
よくあるテンプレなら、ここで婚約者が助けに来るんですよ。
で、王女様が大変な目に会う前に、婚約者が救い出してめでたしめでたしなんですよ。

……全然違うんです。違うんですよ。お姫様は反乱軍のリーダーに乱暴されてしまうのです。
まあ、彼がそうしなければならなかった理由ってのもあるんですけれども
しかたがないとはいえ、辱めを受けてしまった姫様。

うわあああああ!マジか!

でも、いろいろあって彼に惹かれてしまい、自分を酷い目にあわせた男を好きになって苦悩する姫様。

…おお、そういうお話か。だったら二人はこのまま結ばれるのね。めでたしめでたし!

とおもいきや!!このタイミングで解放されて!婚約者に助けられてしまうんですよ。
婚約者は元々真面目な青年だったのですが、嫉妬に狂って頭がおかしくなってるんですわ。
もし自分が助けていればという自責の念と恋心と執着心とかで闇落ちしたヒーロー。

う あ あ あ あ あ あ ! !

二人の男性から思いを寄せられる展開というのはよくありますが、
暗黙のお約束として、性的な関係になるのはどちらか一方だけなんですよね。
で、一方は当て馬というかかませ犬的な何かだったりして。

ところが!そのどちらとも関係をもってしまうというお姫様!
あーーっ!いけませんお姫様!と引き止めたくなるものの、お姫様にはどうしようもない運命でして。
かといって彼女も流されるままというわけではなく、しっかり自分をもってはいるんですが。
もう、どうしようもないので。逃げることもできないし。受け入れるしかないし。
三人の関係とか、お姫様がどうするつもりなのか。
で、どうなるのこのお話??と、瞬きをするのも忘れて食い入るように読んでしまいました。

エロティックなシーンが多い作品ではありますので、その点が強調されがちですが、作中に描かれていない背景を想像しながら読むと、いろいろ深いです。

実は関連作がありまして、もし姫様が別の人を選んでいたら・・・という婚約者視点の作品。
こういう試み、おもしろいですよね。番外編というわけではなく、乙女ゲームみたいな。
「もしあの人を選んでいた場合の未来」的な。
ご興味がある方はそちらもどうぞ。
ただし、本作をお読みになった後に読むほうがよいと思います。こちらもオススメなので是非。
略奪愛ギルフォードルート 深愛~虜の王女と青の騎士~ 略奪愛~囚われ姫の千一夜~ (ハニー文庫)



ではでは。素敵なロマンスをお過ごしください♪


恋愛小説レビューサイト『ロマンスヒルズ~勝手にロマンス!』はこちら
bnr